「共有持分(共有名義)不動産の売却」なら

共有持分とは
複数の人が一つの不動産を共同で所有しているとき、それぞれの人がその不動産について持っている所有権の割合を「共有持分」と言います。

例えば、相続が発生して、二人の子供が一つの土地を相続したとき、土地に関する共有持分はそれぞれ1/2となり、この割合は登記簿に記載されます。

ただし、具体的に【土地のここからここまでが私のもの】という訳ではなく、一つの土地を二人が共同で所有し、その所有権を1/2づつ持っていると言うことになります。

金銭問題や相続問題になる前に解消しておきたい「共有持分」

共有持分(共有名義)不動産は財産に関係する事柄から揉め事になってからの対処が多く、身内・家族ゆえの話し合いが纏まらないケースがございます。

共有持分.JPでは共有持分(共有名義)不動産問題に強いスタッフを揃え、共有持分(共有名義)不動産に関する問題を多数解決してきた実績があり、どこよりも早く、どこよりも高く買取を行っております。

「身内と金銭的な事なのでもう考えよう…」

「今は揉めたくないからそっとしておこう」
とお思いの方がおられますが

【これ以上揉めたくない!!】

仲が良い時や平穏無事な時だからこそ
考えて対処するのがベスト!!


お急ぎの場合、お電話にてご連絡下さい。

0120-925-177


LINEからのお問い合わせ 
友だち追加

 

相続で取得したけど
早く現金化したい!!

離婚問題で
自分の持分を売却したい!!

共有で相続した為に
兄弟や親戚と仲が悪くなった!!

相続による共有持分問題は
自分の代で終わらせたい!!

これ以上、揉め事は沢山だ!!

 

様々な状況やケースがある共有持分

こんな状況だとどうなるのか?
今の現状で売却できるのか?など
共有持分(共有名義)不動産について弊社の経験と実例に基づき
よくあるご質問をまとめております。

困難な状況だからといって後回しにするのは
もっと状況を悪化させる場合もあります。

お客様の状況に合わせた
解決策やご提案をさせて頂きます!!

まずはお気軽にご相談下さい。

LINEからのお問い合わせ友だち追加